オ リ ジ ナ ル C D 発 売 中


 郷愁の大阪市電 (モノラル・約70分)
 
昭和43年10月に廃止になった大阪市電の2路線、
三宝線(三宝車庫前〜福島西通)、百済線(福島西通〜百済)の
車内音(計約70分)をほとんど全線を通して録音したものです。
家庭用オープンテープからのCD化ですので音質は悪いですが、
乗車経験のある方にはなつかしい思い出の音となっています。
 
2,500円(税込・送料別途500円)


収  録  内  容 収録時間
 01 三宝線1 (三宝車庫前〜) 8分04秒
 02 三宝線2 (北加賀屋町〜) 7分36秒
 03 三宝線3 (鶴見橋通〜) 8分37秒
 04 三宝線4 (桜川二丁目〜) 6分16秒
 05 三宝線5 (岡崎橋〜) 8分56秒
 06 百済線1 (福島西通〜) 7分29秒
 07 百済線2 (あみだ池〜) 8分31秒
 08 百済線3 (勘助町〜) 8分04秒
 09 百済線4 (大道二丁目〜) 7分47秒
収録時間合計(モノラル) 約70分

●三宝線(三宝車庫前→福島西通) 
  大阪市電30系統の全区間の録音を行なったものです。三宝線にはこの他に
 29系統の出島〜桜川二丁目間、31系統の三宝車庫前〜上本町六丁目間の電車
 が走っていましたが、出島〜三宝車庫前間の録音は残っておりません。
  トラック01の松屋発車後には阪堺大橋を渡り、トラック02では津守神社前
 〜鶴見橋間で南海電車汐見橋線をオーバークロスして走行音が変わります。
 またトラック04のはじめで桜川二丁目を発車した後、高津線と平面交差して
 賑やかな車輪の音が聞こえます。
●百済線(福島西通→百済)
  福島西通〜百済間の7系統電車の全区間を録音しています。芦原橋までは
 三宝線と重複していますが、方向が逆なのでそのまま収録いたしました。
  三宝線と同じく桜川二丁目の平面交差と芦原橋のポイントで、車輪の音が
 乱れます。トラック02の最後で国鉄関西本線をオーバークロスして、静かな
 走行音が聞かれます。このほかにも市電の立体交差の場所はありましたが、
 早い時期に消滅しており、稀少な録音となってしまいました。
●路線名について
  三宝線・百済線ともに正式な路線名ではありません。大阪市電全廃時の記
 念誌では、昭和19年に阪堺電鉄から譲渡された芦原橋以南が阪堺線、寺田町
 〜百済間が百済線となっておりましたが、ここでは地元で親しまれた三宝線
 と百済線の名称を使用いたしました。

●家庭用のオープンリールテープレコーダーでの録音で、
 テープも古いため、音の不明瞭な点はご了承ください。
●CDの写真は三宝線と百済線の分岐点の芦原橋です。
ブログにも詳しい解説を載せておりますので覧下さい。



ご注文はこちら